Q.ドッグフードに穀物を使用していると犬は消化できないと聞いたのですが本当ですか?

Q.ドッグフードに穀物を使用していると犬は消化できないと聞いたのですが本当ですか?

A.いいえ。α(アルファ)化した穀物(でんぷん)は十分に消化できます。

このご質問はグレインフリーのドッグフードのサイトを見てご心配されたお客様からのものです。

犬も人間と同じく健康で長生きする為には病気の予防と同じくらい食事の管理が大切になってきます。

「ドックフードだから犬の健康を考えて作っているのでしょ?」

もちろん、メーカーとして製造していたり、販売しているのであれば、最低限勉強していると思いますが、どうもそうでもないところもあるようです。

販売している販売店が間違った情報を書けばドッグフードのまとめサイトやドッグフード情報サイト、ドッグフードランキングサイトなどを運営している個人や企業のアフィリエイト業者さんはそのまま信じてコピーして記事にしてしまいます。
この結果インターネットで検索した一般の飼い主さんに誤解を与えるようなグレインフリーの記事が大量にネット上に見られます。
残念ながらseo対策などの技術力もそうした方の方が優れていますのでドッグフードで検索してもこうしたサイトが上位を占めているような状況です。
インターネットは気軽に検索できるのでとても便利ですが、気を付けなければならないことがあります。
よく見られるのが
「情報の一部だけを切り取って伝える、一部だけを誇張して伝える」
これは、グレインフリードッグフードのサイトで言えば、

「犬は唾液の中にアミラーゼ(αアミラーゼ)が無いのででんぷん(炭水化物、穀物)は消化できないから穀物を使用しているドッグフードはよくない(または穀物には栄養価値がない)」

というくだりです。

メーカーとしてそれぞれポリシーはあると思いますが、穀物は使いたくないというのであればまだ「そうなのか」と思いますが、う~んせめて専門書の1冊は調べてみるということはできなかったのか残念です。

これはほかの商品との差別化や違いを強調する為に情報の一部だけを切り取って誇張したよく見かける手法ですが、実際にはこの説明は間違いです。(アミラーゼの話をするというのであれば、サツマイモも炭水化物ですし、でんぷんの塊です。)

人間ではα化されたでんぷんは口に入れて咀嚼(よく噛む)時にだ液の中にある消化酵素であるαアミラーゼによって分解され、デキストリンやマルトースになります。
しかし、犬ではだ液中にでんぷん分解酵素であるαアミラーゼがありませんのでこの時点では分解できません。(ここまでは合ってますが、この先の情報が欠損しています)
犬が食べたでんぷんは直接十二指腸までそのままの形で到達します。(ここからが重要です)
その後、でんぷん(多糖類)は膵臓から分泌されるαアミラーゼによってマルトース(二糖類)に分解され、また小腸粘膜のマルターゼによってグルコース2分子(単糖類)へと分解され小腸で吸収されます。

穀物が消化できないというのは売りたいが為に悪意があって書いているとは考えたくありませんが、生物学的にも間違った情報です。
最初に誰かが書いた文章を真偽を検証せずに大勢の方がコピーした文章が増殖したのでしょう。
一般の飼い主はその情報を見て判断するので責任をもってほしいです。

しかし、この説明でもここで終わってしまうと不完全です。
穀物と書きましたが、人間も犬も生米のようなβ(ベータ)でんぷんは消化しにくいと言うか、ほぼ消化できないので未消化のまま小腸や大腸に移行し下痢を起こします。
ちなみに猫はαアミラーゼの活性が非常に弱いのですが、十分にα化させたでんぷんであれば消化できます。
ただし、やはり犬に比べると消化は得意ではないので、あまり炭水化物を多く取り過ぎると消化不良や体調不良の原因となるので注意が必要です。

そもそも犬と狼は似て異なる生き物です。
太古の昔から現在に至るまで肉食獣の狼にとって人間は獲物であり敵です。
しかし、数万年前に狼の中に人間に懐くモノが出てきました。
人間から餌を貰う代わりに狩りを手伝ったり、他の狼などの肉食獣から人間や家畜を守る番犬になったりし、良好な関係を築きあげてきました。
その内、人間が狩猟中心の生活から穀物を育てる農耕中心に変わっていく1万年以上の長い共同生活の中で、穀物を消化できる能力を持ったモノの遺伝子が生き残り進化し、今の犬の祖先になったと言われています。

犬が穀物を消化できるのは人間と共に生きてきた証でもあります。
それに対し猫が人間に飼われだしたのはもっと後だと言われています。
穀物を食い荒らすネズミを退治する為に飼われだしたのが最初だと言われていますが、基本的に飼われていたと言ってもネズミを捕食する生活でしたのでほぼ肉食のまま今に至っています。

私も、主原料のタンパク質源は新鮮で良質な肉で与えたいと考えていますので、タンパク質を肉骨粉や植物性タンパク質中心で配合しているドッグフードよりは良質な肉を原料を使用したドッグフードの方が共感できます。
しかし、大手ペットフードメーカーのドッグフードを全否定しているわけではありませんし、リスペクトしている面も多大にあります。
私がドッグフードについて調べたり、勉強する栄養学の専門書はこうした大手メーカーの研究所や獣医大学で優秀な獣医師達の長い年月をかけた研究と多くの動物たちの犠牲の上でできあがっているからです。

そのうえで、自分たちで仮説を立てより犬の健康にとってベストなドッグフードとは何か追求していくのが私は正しい姿だと思いますし、アミラーゼがある、ないという話は調べればわかる話です。

もう一度書きますが、肉食である狼と雑食の犬は違う生き物です。
そして、穀物のでんぷんが消化できない、栄養価値がないというのは誤った情報です。

犬の三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の必要な配合は人に近いと言われています。

 

臼歯の数から犬が雑食であるという専門家もいるそうですが、もう一つ特徴的なのが腸の長さです。肉食である猫よりの雑食の犬の方が体長に対しての腸の長さで1.5倍も長いのです。

更に犬が雑食であることの特徴としては虫垂(盲腸)の形状です。
虫垂は食物中のセルロースを分解するバクテリアの生息場所であり、草食動物などが草や穀物を消化するには欠かせない臓器ですが、猫の虫垂は短くほとんど機能していません。これは猫が肉食動物だということを証明していますが、犬が猫よりも大きく勾玉形の虫垂を持つことは犬が雑食性であることを生物学的にも示しています。

穀物(でんぷん)を分解してできる糖は多すぎると肥満などの原因にもなりますが、不足すると自分の体の脂肪や筋肉を分解しエネルギーを補おうとするので、筋肉が痩せてしまったり、免疫機能の低下を招く危険性があります。
何事にもバランスが大事で、バランスよく栄養を摂取することを私はお勧め致します。

私はグレインフリーを否定もしませんが、せっかく何万年もかけて人間との共存共栄してきた犬の食性を否定して狼などの肉食の野生動物と比べることは自然への原点回帰を狙い肉食としての本能を呼び覚ますという目標があるのであればそれは立派なポリシーと呼べるのかもしれません。

「どんな犬を育てたいですか?どんな犬になってほしいですか?」

私は野生味溢れる狼のような犬ではなく、名前を呼べば尻尾を振って来てくれていつもそばにいて抱きしめてあげられるような愛らしい今の犬の方が好きです。

【参考文献】
小動物の臨床栄養学 第5版 学窓社
基本からよくわかる 犬と猫の栄養管理 インターズー
動物栄養学 インターズー
臨床栄養学 インターズー

 

シニア犬の健康を考えたヘルシードッグフード★新発売★わんこのきちんとごはん

シニア犬の健康を考えたヘルシードッグフード
★新発売★わんこのきちんとごはん

国産無添加ドッグフード専門店「CHEINーCHIEN」がシニアの小型犬の健康を考えて作ったヘルシードッグフード。

「日本中のシニア犬を元気にしたい!」
そんな思いから商品開発が始まりました

私達レガールファクトリーはもともと10年以上前から「シェフドッグ」というドッグフードを製造販売しております。
当時、4Dミートと呼ばれるような粗悪な肉や肉骨粉、コストの安い植物性たんぱく質主体のドッグフード、そして保存性を高める為に添加される食品では規制されているような強い酸化防止剤や着色料、香料などの添加物などの使用に疑問を感じ「自分の愛犬に安心して食べられるドッグフードを作りたい。」という思いからスタートしました。

当時、通信販売はしておりませんでしたが実店舗でアレルギー性皮膚炎でのご相談が急増しており、試行錯誤しながら販売を始めた手作りドッグフードも口コミ
でお客様に広がり、今に至ります。
本来不必要な添加物を除去し、肉骨粉の使用を止め、新鮮な生肉と鮮魚を主原料に作ったドッグフードは形も色もバラバラで不格好でしたが、劇的に症状が改善していくワンコ達を見て手ごたえと自信を感じ2005年に通信販売を開始しました。

国産無添加ドッグフードシェフドッグを与え始めて約4か月。アレルギーの症状が改善してきた頃の写真

こうして、全国の愛犬家の皆様へ口コミで広がり、今では北海道から沖縄まで多くの愛犬にご愛顧頂いております。

しかし、長い間ご愛顧頂いている中でワンちゃん達の高齢化も進んでいます。

その中で常連様から多かったご相談「もう少し食べやすく小さくなれば」
もともと、小型犬ように小粒をご用意しておりましたが、老犬になってくるとそれでも「なんだか噛みにくそう」「食べにくそうにしている」というお声を頂くようになりました。

あまり小さくしてしまうと、圧力が強くかかってしまい硬くなってしまったり、逆に粉々になってしまったりします。
また、場合によっては粒が小さすぎると噛まずに吸い込むように食べてしまいむせてしまったりすることもあります。

もともと小型犬用に小粒を作っていましたが、少し粒が長くなってしまったり無添加故に形状が安定しないという課題もありました。

出来るだけ硬くならずサクサクと、小粒よりも小さく、歯の悪くなったチワワなどの小型犬の老犬でも食べやすい粒にしたい。

高齢のコでもしっかり良質なタンパク質を摂取しながらヘルシーなドッグフードを作りたい。

試行錯誤しながら誕生したのが「わんこのきちんとごはん」です。

主原料は海の幸が豊富な地元石川県の能登沖で獲れた「タラ(真鱈)」「ニギス(メギス)」などの白身魚を中心旬の魚を漁協さんから直接仕入れています、ジャガイモの使わずに石川県産のサツマイモ「五郎島金時」を使用しました。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

その他にも
煮干しは食品用の特選煮干しを使用する直前に粉砕し、大麦などの穀物類も使用する直前に自家製粉しています。

出来上がったフードは、小型犬にいつでもできるだけ新鮮な状態で食べてもらう為に250gごとに小分けし、脱酸素剤を封入しています。

年老いた愛犬の健康を第一に考えて愛情をたっぷり込めて作った「わんこのきちんとごはん」是非一度お試し下さいませ。

いつからシニア犬(老犬)?

チワワのキキ
※最近撮った店長宅の愛犬17歳に向けて元気に頑張っているチワワのキキです。生まれつき心臓疾患(弁膜症)があり8歳くらいのときに一度肺水腫を起こし倒れ危篤状態に。その後シェフドッグを毎日食べて元気に暮らしています。

 

いつも当店をご愛顧頂きましてありがとうございます。

店長の長野です。 お客様から多く頂くご質問の中に

「いつからシニアフードに切り替えればよいのですか?」

という内容のご相談が多くあります。

大手メーカーさんの宣伝などで、7歳から、8歳からなどこの当たりの年齢で「シニア(老犬)」と思われている飼い主様も多いと思います。

私は「シェフドッグでシニア用はありますか?」と質問頂いた場合は

フィッシュやライトをお勧めしておりますが、その前にシニア犬の線引きについて少しお話したいと思います。

 

シニア(老犬用)フードと
アダルト(成犬用)フードの違いについて

そもそも、「シニアフード」とはいったい何が違うのでしょうか?

老犬になると、運動量が低下し、筋肉量が落ち新陳代謝が悪くなってきて肥満になりやすくなりますので低カロリー、低脂肪設計が基本になっています。

また内蔵機能も加齢により機能低下していきますが、その中でも腎臓機能の低下を意識して低たんぱく設計や低ナトリウム設計も考慮されています。

つまり、「低カロリー」「低たんぱく」「低脂肪」が基本で、それに加えて「低ナトリウム」や他の付加価値を付けてパッケージにしているドッグフードになります。

 

早すぎるシニアフードへの切り替えが
老化を促進させる危険性

「8才になったからシニアフードに切り替えたんだけど、急に痩せてしまってなんだか老け込んでしまったような気がするの・・・お宅のお店のフードでシニアにお勧めのフードってどれかしら?」

そんなお問い合わせを頂くことが本当に多くなってきました。

実は、年齢で線引きしてしまったが為に、体はまだまだ若く蛋白質量やカロリーを求めているのに対し、摂取量が

不足してしまった為に

「筋肉量の低下」→「運動量の低下、基礎代謝の低下」

が必要以上に起こってしまっている例です。

一辺倒に年齢で線引きしてしまうのではなく、健康状態が良好で、元気であるのであれば安易なシニアフードへの切り替えはお勧め致しません。

シニアフードを検討するタイミングは

・最近運動量が減って寝ていることが多くなったなぁ。ちょっと太ってきたかも。

・明らかに肥満で、お散歩だけではダイエットするのも難しいかな。

・獣医さんで健康診断を受けた際に、「加齢で腎臓機能が低下してきてかなり悪くなってきている」と診断された。

10歳を過ぎてこれらのケースが当てはまりだしたらシニアフードを検討してみるタイミングだと思います。

ですので、ワンちゃんによっては18歳や19歳でもオールミックスなど成犬用フードを続けているコもいますし、健康状態によっては10才未満でもシニア用フードに切り替えられているケースもあります。

当店では、アレルギーを別にして、基本的にシニアフードとしてフィッシュとライトをお勧めしています。

両方ともカロリーが低くなっている事でダイエットに向いている種類になりますが、しっかりと良質な生肉、魚を使用していますので、蛋白質や栄養の吸収率は大変優れている為、ダイエットしながらでも筋肉量を落とさないよう工夫していますので肥満のコ、シニアのコにも安心してご利用頂けます。

切り替えのタイミングは本当にケースバイケースになりますので、もしタイミングがわからないという場合は、お気軽にご相談下さいませ。

まずは、「しっかり食べること」「栄養バランスよく食べること」「しっかり運動すること」が日々の生活で大切になってきますのでもし「食べるかどうか心配」という場合は送料無料のお試しや、少量で全種類お試し頂けるセットもご用意致しております。

また、お電話でのご注文、お問い合わせも全国どこから携帯でもつながるフリーダイヤル(0120-976-944)で詳しいスタッフがお客様に合わせご対応させて頂いておりますの。

「通販ってちょっと苦手」

「インターネットはよくわからない」

年間延べ10000件以上の愛犬家のお客様へシェフドッグをお届けし、お電話でのご相談に対応しておりますのでお気軽にお電話頂けると嬉しいです。

私達は石川県でCHIEN-CHIENというお店もやっていますが、全国のお客様にも実店舗にご来店頂いているお客様と同等以上の接客、対応をすることを目指しておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

【余談】

当店が開業して今年で14年目になりますが、開店当初からのお客様(ワンちゃん)の多くは15歳を超えています。

中には18歳、19歳のコもおられます。

個人的には小型犬の場合7歳、8歳だとまだまだ若い世代になると考えています。

ワンちゃんの健康状態にもよりますが、元気で健康な状態であれば、10歳を超えるまでは通常の栄養設計のフードを続けたほうが良いと考えています。

いかに筋肉量を維持して基礎代謝を落とさずに元気なまま年を取れるか

究極的に言うとこれが15歳以上になったとき、元気な老犬になれるポイントでもあります。

もちろん、良質な蛋白質(消化吸収率の高い)とベストな栄養バランスが大切ですが、当店の場合は肥満などの問題がなければオールミックスなどをお勧めしています。

しかし必ず、生きていると年を取って老いていきます。

そして、持って生まれた寿命というものもあります。

ですので、8歳で亡くなったから飼い主さんに責任があるのか、19歳まで生きた飼い主さんの方が偉いのか?全くそんなことはありません。

私自身、生まれつき重度の心臓疾患(弁膜症)で8歳くらいの時、1年持てば良い方だと言われたチワワのキキが16歳を超えて元気で生きていますし、どうしても助けたかった溺愛していたダックスのララは結局原因不明の難病AIHA(自己免疫性溶解性貧血)という病気で若くに死なせてしまった、助けられなかった苦い経験があります。

AIHA(自己免疫性溶解性貧血)の2度目の発作で若くして亡くなってしまいました。このコとの出会いでドッグフードに使われる添加物や酸化防止剤、肉骨粉などに疑問を持ち国産無添加ドッグフードシェフドッグが生まれました。
AIHA(自己免疫性溶解性貧血)の2度目の発作で若くして亡くなってしまいました。このコとの出会いでドッグフードに使われる添加物や酸化防止剤、肉骨粉などに疑問を持ち国産無添加ドッグフードシェフドッグが生まれました。
あぁ・・・本当に可愛かったんですよ・・・。この香ばしい匂いが大好きでした。

ワンちゃんは私達より短い寿命を定められて生まれてくるので、出会った日からいつか別れる日が宿命付けられています。
だから余計に命の尊さや儚さを感じてしまうのかもしれませんが、何よりも無償の愛を与えてくれる存在だからかもしれません。

恥ずかしながらララが亡くなった日、無力感と悔しさと愛おしさと喪失感で悲しみで涙が止まりませんでした。

しつこくて(はっきり言ってストーカーですね 笑)、いつもベタベタくっついて自分が一番じゃないと嫌で、キキを押しのけていつも私の膝を独占していました。

まだキキとその息子のブータロウがいますのであまりララの事ばかり言うと怒られそうですが、手のかかるコほど可愛いとは本当のことだとこの時に身をもって知りました。

ウチの愛犬もそうですが、当店の国産無添加ドッグフード「シェフドッグ」をご愛顧頂いているワンちゃんには

「できるだけ元気で一日でも長生きして欲しい」

という思いを強く込めて、今日も頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。