何故ラブラドールやゴールデンなどの大型犬は小型犬に比べ寿命が短いと言われるのか?

IMG_1982

いつもご愛顧頂きありがとうございます。

店長の長野です。

この写真はついこの間撮影したものですが、国産無添加ドッグフードをずっとご愛顧頂いているラブラドールレトリーバーのボブ君(推定15歳)です。

このボブ君は実は元(捨て犬)処分犬という悲しい生い立ちを背負っていますが、3歳の時ラブラドールを飼っていた今の飼い主さんが里親になってくれ今に至ります。

毎日2頭でお散歩している姿をよくお見かけしましたが、若いときはパワフルで、よく吠えて困らせたそうです。

ご飯やお散歩の催促吠えが激しくて、お母さんも「近所の人と目を合えば「いつもすみません。」って頭を下げるのが癖になっていたというお話をよく伺いました(笑)

最初にボブ君と出会ってから10年近く経ちます。

この写真を撮影した時もお店の前の公園に少し連れて出たのですが、ゆっくりですがしっかり力強く歩いていました。

前から優しいコでしたが、笑顔に優しさがにじみでてますね。ご家族の12年の愛情もこの写真から伝わると思います。(笑)

でも年のせいか耳が遠くなっていて、呼んでも反応が無いので写真を撮るのはちょっと大変でしたが(笑)

実は、このボブくんのような大型犬は小型犬に比べて寿命が短いと言われていたります。

実際に、ゴールデンレトリーバーやラブラドールラブラドールレトリーバーなどの大型犬は8歳から10歳くらいで亡くなるコがとても多いと聞きます

その多くは癌で亡くなるのですが、その原因は不明とされています。

もちろん、命あるものには必ず寿命があり、どれだけ飼い主さんが愛情を注いでも、健康管理に気をつけても病気になるコもいますし、若くして亡くなるコもいます。

私の愛犬のスムースダックスのララも同じく自己免疫性溶解性貧血という病気で若くして亡くなりましたが、誰よりも愛していましたし、長生きして欲しいと願っておりました。

しかし、大型犬に癌が増えて、10歳以下で亡くなる事例が増えてきたのは偶然なのでしょうか?

もちろん、遺伝的に癌の発症率が高くなっていることもあるかもしれませんが、個人的にはとても気になることがあります。

それは、「加水分解たんぱく」の多用(乱用)です。

加水分解たんぱく、たんぱく加水分解物、
加水分解動物性タンパク、アミノ酸類とは

脱脂加工大豆、小麦グルテン、コーングルテンなどの植物性たん白に塩酸を加えて加熱し、たん白質をアミノ酸に分解したものです。水酸化ナトリウムなどで中和した後、濃縮、ろ過などの工程を経て製造されます。うま味やこく味が強く、植物原料由来の調味料として食品に広く利用されています。日本では、しょうゆ等の原材料として使用される液体の酸加水分解植物性たん白を、「アミノ酸液」と呼んでいます。 

食品原材料として広く使用されている「たん白加水分解物」は、アミノ酸液のほかに、植物性のたん白質を酵素で加水分解したものや、動物性のたん白質を酸や酵素で加水分解した調味料の総称です。 ※農林水産省HPより抜粋

この加水分解されたたんぱく質等には「クロロプロパノール類(3-MCPD、1,3-DCP)」という副産物が生成され含まれているのですが、これには国際がん研究機関(IARC)は、JECFA(国際的なリスク評価機関であるFAO/WHO合同食品添加物専門家会議)の評価後に得られた最新のデータも踏まえて発がん性評価(2012)を行った結果、3-MCPDについては、ヒトの発がん性に関する証拠はないものの、動物試験の結果、発がん性について十分な証拠があったとして、「ヒトに対して発がん性があるかもしれない(グループ2B)」と評価しています。

  • ラットに長期間にわたって大量の3-MCPDを食べさせた場合に、腎臓への悪影響(腎臓尿細管の過形成)や他の複数の臓器に良性腫瘍の形成がみられたが、発がん性(悪性腫瘍形成の有意な増加)は認められなかった。 
  • これまで、食品由来の3-MCPDが原因と考えられる、人の健康に悪影響が生じた事例等はない。
  • 人が生涯にわたって毎日摂取し続けたとしても、健康への悪影響(この場合は腎臓への悪影響を指標)が無いと考えられる最大量は2 μg/kg体重/日。

1,3-DCPによる健康影響

ラットに長期間にわたって大量の1,3-DCP(クロロプロパノール類)を摂取させた場合、複数の臓器において発がん性(悪性腫瘍形成の有意な増加)が認められました。遺伝毒性試験でも陽性と判断されており、これらの試験結果から、1,3-DCPは、人でも発がん性を示す可能性があると考えられています。遺伝毒性が陽性であるとは、その物質が細胞の中の遺伝子を傷付けて突然変異を引き起こす能力があることを意味しています。たとえ1分子のようなごくわずかな量であっても、それが遺伝子を傷付けてる可能性があり、そのことが引き金となって「がん」が生じることを否定はできないと考えられてます。
したがって、JECFAによる評価(2002、2006)では、1,3-DCPについては遺伝毒性に基づく発がん性があると考えられることから、3-MCPDのように生涯わたって毎日摂取し続けたとしても健康への悪影響がないと考えられる摂取量は設定されていません
※農林水産省HPより抜粋

利便性や経済性を優先したが為に大切なことを見失ってはいないか

このたんぱく加水分解物は実は、私達も日頃コンビニやスーパーのおにぎりやサンドウィッチ、惣菜、etc.ファミレスの外食や多くの食品に使用されており、醸造醤油などにも使用されていますので食べない日はないのではないかと思うほど無意識に摂取している添加物です。

「うま味」の素でもあり、嗜好性(食いつき)も良くなるかもしれませんが、ドッグフードの場合は蛋白質として使用されます。

もともと、消化吸収効率が良いとされ、アレルギーを起さない蛋白源としてペットフードに多用されてきましたが、それでも私達が摂取するのはあくまでも「味付け、調味料」として含まれるもので、また日本のメーカーもこの「クロロプロパノール類(3-MCPD、1,3-DCP)」の含有量を出来る限り少なくするように企業努力しているそうです。

しかし、ドッグフードの場合は勝手が違います蛋白質源として主原料の肉や肉骨粉の変わりに使用される為、私達が摂取する量とは比べ物にならない量が含まれていることが容易に想像できます

ましてや主原料の内、これら加水分解物が上位表記されているということは・・・。

そして、このフードを毎日主食として食べ続けたら、いったいどのくらいの「クロロプロパノール類(3-MCPD、1,3-DCP)」を摂取するのでしょうか?

低アレルギー、消化が良いという側面だけが強調され、便利になった影で知らず知らずにデメリットが発生していないのか個人的にはとても気になります。

大型犬は一食の摂取量も多くなる傾向があると思います。

体重当たりの摂取量としては小型犬も同じ条件だと言えるかもしれません。

しかし、発がん性を指摘されている添加物は他にも(エトキシキン、BHA、BHT、合成着色料、肉骨粉、遺伝子組み換え植物etc.)きりが無いほど使用されており、そのリスクの対価として「安さ」や「利便性」などを享受しているのは私達人間もそれほど違いはないのかもしれません。


大型犬の寿命が短い、ワンちゃんに癌が増えていると言われる原因がこうした利便性やコストを重視した人間のエゴの産物でないことを願います。

私は、本当にワンちゃんを大切に思っている愛犬家の皆様へ、そして私の大好きなワンちゃん達へ「何がダメ」とかではなく、健康や毎日の食事について少し考えて頂く切欠になって頂ければと今回少し掘り下げた話題を書きました。

ボブくんはまだまだ15歳、寿命を全うするその日まで元気でいてくれるようこれからも微力ながら全力でサポートします。

できればあと5年、20歳まで元気でいてくれると嬉しいです。

もちろん当店をご愛顧頂いているお客様は漏れなく全力でサポートさせて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します。

(ドッグフードから少しズレますが)
日本は、世界一と言われるほどの添加物の先進国です。

そして日本は世界有数の癌国家でもあり、今は2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなるといわれています。

これが無関係な話であれば良いのですが、100年後の日本人は今の私達の食生活やドッグフードについてどう思うのか考えてしまいます。

店長長野

1kg100円のドッグフードを買っている人が1kg2000円のドッグフードを買うわけがない

food
国産無添加ドッグフード シェフドッグ
いつも当店をご愛顧頂きましてありがとうございます。 店長の長野です。

1kg100円のドッグフードを買っている人が、1kg2000円のドッグフードを買うわけがない
これは10年以上前ペットフードやペット用品の大手商社の営業マンさんが開業したての私に言い放った言葉です。
その営業マンさんの売れ筋のドッグフードの平均単価が販売価格で1kg当たり100~300円くらいだと教えて下さいました。

当時、プレミアムフードと呼ばれていた有名ブランドで1kg1000円くらいだったでしょうか?
まだ我が家のネット環境もISDN(田舎なもので)しかなく動画どころか少し大きめの画像データでも固まってしまうような時代でした。
ネットショップもこれからという感じでしたので、多くはリアル店舗での購入だった時代です。

そんな無名の高いフード売れるわけが無い

そう営業マンさんに嘲笑されました。

しかし、そうではないことはこの10年でよくわかりました。
今では毎月約1000件の全国の愛犬家へお届けしています。

価値観の違いではなく愛犬家の価値観はひとつ。価格ではなく全ては愛犬の為に

シェフドッグを販売し始めて2年ほど経った頃のお話です。
トリミングにご来店したお客様にシェフドッグの説明をしていた時の事。

一通り説明し終わった時

「なるほど。でも、うちのコにそんな贅沢なドッグフードは買えんわ。」

そう仰っていた老紳士がおられました。

そのお客様はトリミングのみのお客様でトリミングのご予約の日以外にご来店されることは無いのですが、数日後、ワンちゃんは一緒には連れずに一人でご来店されました。
そして黙ってしばらくシェフドッグを眺めてから

「わしは大手の有名メーカーだから安心だとずっと思っていた。
でも正直あの独特の匂いが臭くて嫌でたまらんかった
犬だからこれでいいんだろう。と思っていたけどここでサンプルもらったら驚いたよ。
わしでも食べられそうな気がした。」
「わしがあのコと逆の立場だったら・・・そう思ったらなんか申し訳なくなって」
「わしはケチってあのコのことを考えてなかったんかな」

そう仰いました。

私はそうは思いませんでした。
誰よりも愛犬を愛しているのはこの方ですし、大切に思っているのもこの方です。
ですので、もっとも信頼できるより良いドッグフードを与えてあげたくて「大手メーカー」「有名ブランド」を選択されたのであって決して間違いではありません。

だれよりもあのコのこと真剣に考えて大事に思っているのはお客様ですよ。ワンちゃんを見れば私にはわかります。

私はそうお伝えしました。

老紳士はニッコリ微笑んでシェフドッグを買って行かれました。
それからワンちゃんが16歳で亡くなるまで毎月欠かさずご愛顧頂きました。

私は安いからダメだとか、高いから良いというものではないと思っています。
安くて良い物があれば一番ですし、高くても粗悪なものもあると思います。
ただ、できることなら「良いもの=大手、有名ブランド」という単一的な考えだけでなく、原材料や製造方法なども吟味して納得がいくドッグフードを選んで頂ければと思います。


主原料がとうもろこし、コーングルテン、コーンミールなどと分けて書いているけどどれも「とうもろこし」じゃないの?
そういう感覚が大事だと私は思います。

確かに商品としては別物ですし、加工品ですので個々の栄養バランスも違いますが、すべてとうもろこし由来の原材料ですので本来全て「とうもろこし」にまとめてしまうこともできると思います。
でもあえて分けて記載しているということは、まとめてしまうと主原料の表示順位が変ってしまうのかなぁ?なんて想像してしまいます。

家禽ミールとは、肉骨粉になった時点で分別不能ですが、鶏、七面鳥、アヒル他飼育している「鳥」の肉骨粉には間違いないだろう的なものでしょうか?
肉骨粉になるのは、基本的に食用部位を取り除いた廃棄部位(頭、足、骨、内臓、羽など)です。

製造コストを下げるために必要かもしれません。
利益を追求するのは企業として当然かもしれません。

しかし、ワンちゃんの健康を第一に考えて製造しているかどうかはお父さん、お母さんの目線で見て頂ければ見えてくると思います。

私達は一人の愛犬家として自分の愛犬に与えられないフードは作りません。
肉骨粉ではなく、加水分解たんぱくではなく、新鮮な生肉や魚を使いたいのです。
ワンコを家族のように、子供のように愛して大切に頂いているお客様にお届けしたいと考えておりますし、価値を感じて頂けるドッグフードをこれからもお届けします。

ペットフードでペットと人を幸せに

これは私の信条でもありレガールファクトリーの経営理念でもあります。
大切な家族である愛犬の健康はわたしたちに笑顔、そして幸せを与えてくれます。
愛犬の健康を第一に考えることは、そのご家族や飼い主さんの幸せを考えることだとわたしたちは確信しています。

わたしたちは一頭でも多くの愛犬を健康に、一人でも多くの愛犬家の皆様に笑顔と幸せをお届けします。

いつからシニア犬(老犬)?

チワワのキキ
※最近撮った店長宅の愛犬17歳に向けて元気に頑張っているチワワのキキです。生まれつき心臓疾患(弁膜症)があり8歳くらいのときに一度肺水腫を起こし倒れ危篤状態に。その後シェフドッグを毎日食べて元気に暮らしています。

 

いつも当店をご愛顧頂きましてありがとうございます。

店長の長野です。 お客様から多く頂くご質問の中に

「いつからシニアフードに切り替えればよいのですか?」

という内容のご相談が多くあります。

大手メーカーさんの宣伝などで、7歳から、8歳からなどこの当たりの年齢で「シニア(老犬)」と思われている飼い主様も多いと思います。

私は「シェフドッグでシニア用はありますか?」と質問頂いた場合は

フィッシュやライトをお勧めしておりますが、その前にシニア犬の線引きについて少しお話したいと思います。

 

シニア(老犬用)フードと
アダルト(成犬用)フードの違いについて

そもそも、「シニアフード」とはいったい何が違うのでしょうか?

老犬になると、運動量が低下し、筋肉量が落ち新陳代謝が悪くなってきて肥満になりやすくなりますので低カロリー、低脂肪設計が基本になっています。

また内蔵機能も加齢により機能低下していきますが、その中でも腎臓機能の低下を意識して低たんぱく設計や低ナトリウム設計も考慮されています。

つまり、「低カロリー」「低たんぱく」「低脂肪」が基本で、それに加えて「低ナトリウム」や他の付加価値を付けてパッケージにしているドッグフードになります。

 

早すぎるシニアフードへの切り替えが
老化を促進させる危険性

「8才になったからシニアフードに切り替えたんだけど、急に痩せてしまってなんだか老け込んでしまったような気がするの・・・お宅のお店のフードでシニアにお勧めのフードってどれかしら?」

そんなお問い合わせを頂くことが本当に多くなってきました。

実は、年齢で線引きしてしまったが為に、体はまだまだ若く蛋白質量やカロリーを求めているのに対し、摂取量が

不足してしまった為に

「筋肉量の低下」→「運動量の低下、基礎代謝の低下」

が必要以上に起こってしまっている例です。

一辺倒に年齢で線引きしてしまうのではなく、健康状態が良好で、元気であるのであれば安易なシニアフードへの切り替えはお勧め致しません。

シニアフードを検討するタイミングは

・最近運動量が減って寝ていることが多くなったなぁ。ちょっと太ってきたかも。

・明らかに肥満で、お散歩だけではダイエットするのも難しいかな。

・獣医さんで健康診断を受けた際に、「加齢で腎臓機能が低下してきてかなり悪くなってきている」と診断された。

10歳を過ぎてこれらのケースが当てはまりだしたらシニアフードを検討してみるタイミングだと思います。

ですので、ワンちゃんによっては18歳や19歳でもオールミックスなど成犬用フードを続けているコもいますし、健康状態によっては10才未満でもシニア用フードに切り替えられているケースもあります。

当店では、アレルギーを別にして、基本的にシニアフードとしてフィッシュとライトをお勧めしています。

両方ともカロリーが低くなっている事でダイエットに向いている種類になりますが、しっかりと良質な生肉、魚を使用していますので、蛋白質や栄養の吸収率は大変優れている為、ダイエットしながらでも筋肉量を落とさないよう工夫していますので肥満のコ、シニアのコにも安心してご利用頂けます。

切り替えのタイミングは本当にケースバイケースになりますので、もしタイミングがわからないという場合は、お気軽にご相談下さいませ。

まずは、「しっかり食べること」「栄養バランスよく食べること」「しっかり運動すること」が日々の生活で大切になってきますのでもし「食べるかどうか心配」という場合は送料無料のお試しや、少量で全種類お試し頂けるセットもご用意致しております。

また、お電話でのご注文、お問い合わせも全国どこから携帯でもつながるフリーダイヤル(0120-976-944)で詳しいスタッフがお客様に合わせご対応させて頂いておりますの。

「通販ってちょっと苦手」

「インターネットはよくわからない」

年間延べ10000件以上の愛犬家のお客様へシェフドッグをお届けし、お電話でのご相談に対応しておりますのでお気軽にお電話頂けると嬉しいです。

私達は石川県でCHIEN-CHIENというお店もやっていますが、全国のお客様にも実店舗にご来店頂いているお客様と同等以上の接客、対応をすることを目指しておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

【余談】

当店が開業して今年で14年目になりますが、開店当初からのお客様(ワンちゃん)の多くは15歳を超えています。

中には18歳、19歳のコもおられます。

個人的には小型犬の場合7歳、8歳だとまだまだ若い世代になると考えています。

ワンちゃんの健康状態にもよりますが、元気で健康な状態であれば、10歳を超えるまでは通常の栄養設計のフードを続けたほうが良いと考えています。

いかに筋肉量を維持して基礎代謝を落とさずに元気なまま年を取れるか

究極的に言うとこれが15歳以上になったとき、元気な老犬になれるポイントでもあります。

もちろん、良質な蛋白質(消化吸収率の高い)とベストな栄養バランスが大切ですが、当店の場合は肥満などの問題がなければオールミックスなどをお勧めしています。

しかし必ず、生きていると年を取って老いていきます。

そして、持って生まれた寿命というものもあります。

ですので、8歳で亡くなったから飼い主さんに責任があるのか、19歳まで生きた飼い主さんの方が偉いのか?全くそんなことはありません。

私自身、生まれつき重度の心臓疾患(弁膜症)で8歳くらいの時、1年持てば良い方だと言われたチワワのキキが16歳を超えて元気で生きていますし、どうしても助けたかった溺愛していたダックスのララは結局原因不明の難病AIHA(自己免疫性溶解性貧血)という病気で若くに死なせてしまった、助けられなかった苦い経験があります。

AIHA(自己免疫性溶解性貧血)の2度目の発作で若くして亡くなってしまいました。このコとの出会いでドッグフードに使われる添加物や酸化防止剤、肉骨粉などに疑問を持ち国産無添加ドッグフードシェフドッグが生まれました。
AIHA(自己免疫性溶解性貧血)の2度目の発作で若くして亡くなってしまいました。このコとの出会いでドッグフードに使われる添加物や酸化防止剤、肉骨粉などに疑問を持ち国産無添加ドッグフードシェフドッグが生まれました。
あぁ・・・本当に可愛かったんですよ・・・。この香ばしい匂いが大好きでした。

ワンちゃんは私達より短い寿命を定められて生まれてくるので、出会った日からいつか別れる日が宿命付けられています。
だから余計に命の尊さや儚さを感じてしまうのかもしれませんが、何よりも無償の愛を与えてくれる存在だからかもしれません。

恥ずかしながらララが亡くなった日、無力感と悔しさと愛おしさと喪失感で悲しみで涙が止まりませんでした。

しつこくて(はっきり言ってストーカーですね 笑)、いつもベタベタくっついて自分が一番じゃないと嫌で、キキを押しのけていつも私の膝を独占していました。

まだキキとその息子のブータロウがいますのであまりララの事ばかり言うと怒られそうですが、手のかかるコほど可愛いとは本当のことだとこの時に身をもって知りました。

ウチの愛犬もそうですが、当店の国産無添加ドッグフード「シェフドッグ」をご愛顧頂いているワンちゃんには

「できるだけ元気で一日でも長生きして欲しい」

という思いを強く込めて、今日も頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。

 

【野々市市にお住まいのお客様へ!】

こんにちは。スタッフの竹内です。

野々市市のプレミアム商品券、10月到来!

野々市市にお住まいのお客様はもうご存知かと思われますが、
野々市市では野々市市民の方限定でプレミアム商品券が販売されます。

そして私がここで告知しているのにはワケがありまして…
実は、シアンシアン実店舗でご利用可能でしてですね!
トリミングはもちろん、シェフドッグのご購入にご使用いただけますよ♪

※ プレミアム商品券のご利用は実店舗のみとさせて頂いております。
  通信販売ではご利用できませんのでご容赦くださいませ。


発売日:10月10日(土)・10月11日(日)
発売場所:野々市市 情報交流館 カメリア2F
(野々市市役所内にございます)
数量限定で売切れ次第販売終了です。
また「ご来場の際には公共交通機関を使用してください」とのことです。

購入については、市広報9月号にて配布される引換券と、野々市市民であることが必須になります。

利用期限は2015年10月10日~2015年12月31日までとなっております。

当店以外でご利用いただける店舗や販売方法は、野々市商工会さんのホームページでご確認できます。


すごく羨ましい、野々市市…

こちらも金沢同様で利用期限が2ヶ月程と短いのですが、
(大変失礼ですが)金沢よりも利用できる店舗が多い印象が強い
その数、8月31日時点で284
これはまだ最終決定ではありませんので、もしかしたらもう少し増えるかもしれませんね。

現時点でもドラッグストアやスーパー、家電量販店、美味しいカフェなどで利用できるのがわかっています。
しかし、今日はこのプレミアム商品券のために野々市市民になりたかったな、と思ったほどです 笑
商品券はご購入頂いたその日からご利用頂けますので、ぜひぜひ~。


それでは!

歯をキレイに保つってすっごい難しい。

最近は歯磨き粉よりリス○リンを使ってるスタッフ竹内です。からくて涙目になる日々です笑

なんとなく?歯磨き粉を使うよりキレイに磨けるんですよね。
気持ちの問題かもしれませんが…次第に歯ブラシも変える予定です(^_^;)

やっぱり歯磨きをしてて気になるのは、食べかすの残りだったり、口臭だったり…
それはワンちゃんも一緒で、実は歯磨きをしたほうがいいんです!

歯磨きでスッキリ、したいですね!

ワンちゃんのハミガキ、もし大丈夫なコであればガーゼなどの布で口の中のぬめりを取るようにするのが良いそうです。
たま~に出てくる店長の話で、1000頭を超えるワンちゃんを見てきた中でもピカイチと言えるぐらい歯が綺麗なコが居たそうで!
ピカイチ、ってすごくないですか?
店長が「あんなに歯のキレイな子は昔も今もあのコだけ。他には見たことない」って豪語するほど!

そんなワンちゃんのお母さんが行っていたのが、布で歯のぬめりを毎日取るというお仕事だったのです。

現実は厳しい…

実際はマズルを触られたり、口になにかされるのが嫌な子が多いと思います。
そんな時は歯磨きができるおやつに頼ってみましょう~!

horse-aki

馬のアキレス仔牛のあばら骨でストレスを解消しながら歯磨き、ワンちゃんもスッキリできます!
噛むのが苦手、ってワンちゃんもいると思います。実際に、わたしの近くにも噛むオヤツというのが苦手で、そのまままるっと飲み込むコがいます(-_-;)

dental-proそんな子におすすめしたいのが、こちらのとっても柔らかいデンタルプロバイオガムです。

女性の力でも軽く曲がりますから、そのままでも、半分に折っても!
食後のオヤツとして食べてもらうのも良いでしょう。

…私も歯磨き頑張ります(;∀;`)
それではまた。

明日の朝9時から…シェフドッグ ポイント3倍セール!

こんにちは、スタッフの竹内です~!

号外号外!緊急企画ですよ~!

明日の29日、朝9時から!

p3_600

なんと、明日29日の朝9時から31日23時59分までの3日間限定、シェフドッグとシェフキャットがポイント3倍に!

楽天市場店だけの特別企画です。
ネットショップ直営店、ヤフーストア店、ポンパレモール店は通常通りとなっております!

また、本日は楽天市場店にてオールミックスがポイント10倍になっています。
皆様のご来店を心よりお待ちいたしております!

本日より営業再開です!ご迷惑をおかけいたしました。

おはようございます。スタッフの竹内です。

昨日はお休みを頂きまして、ご迷惑をおかけいたしました。
本日より順次対応・発送してまいりますので今しばらくお待ちくださいませ!

【台風15号による お荷物お届けの影響につきまして】
昨日25日時点で、九州地方、沖縄県、山口県一部の地域にてお届けの遅延が発生しております。
お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

本日25日は臨時休業を頂いています

おはようございます。スタッフの竹内です。

本日は通信販売事業部のスタッフ研修のため、ご注文頂いた商品の出荷はお休みとなっております。
ご注文やお問い合わせにつきましては、明日以降順次対応させていただきます。

実店舗は通常通り営業いたしておりますが、明日水曜日は定休日となっていますのでご注意くださいませ。
何卒よろしくお願いいたします。

【8月5日】 地元情報誌 金沢情報に掲載されました☆

150805こんにちは、スタッフの竹内です~
先日発行された地元情報誌の金沢情報に、当店が掲載されました!

今回はW・コーギーのリキくんに撮影協力を頂きました~(*^^*)

リキくん
それが、ジャン!こちらのお写真です~!
キリっとしたお顔!彼の凛々しさが伝わってきますね♪

個人的に、コーギーの魅力は、このキリっとした雰囲気と共にある、足と耳の先が丸っこくてふっくら(?)感とお尻のプリプリ感だと思っています。
お尻はまるでトースト…なんとなく美味しそうじゃありませんか?笑
私だけですかね…(^_^q;)